水を飲む断食で心身のデトックスを

こまめに水を飲む水飲み健康法では様々な変化を感じたことがありますが、定期的なデトックスとして水を飲む断食をすると、毎回新たな発見をすることがあります。健康意識の高い日本ですから近年は、ファスティングに関する情報も多くなっていますし、実際に挑戦をしたことがある人も多いです。これまで何度もいろんなタイプの断食を行ってきたので、野菜や果物のジュースを作って飲んだり、梅干しと亜麻仁油だけで過ごした方法もあります。いずれも医師や専門家などの書籍や情報から、やり方を学び実践をしたことです。その中で人にはお勧めはできませんが、もっとも合っていたのが水を飲む断食でした。これまでいろんなタイプのファスティングをやってきたので、何があっているのか合わないかを理解したうえでのことです。そのため特に断食に少し興味がある人などなら、最初から水だけ飲む断食は絶対にお勧めはできません。好転反応もありますし健康状態も異なるうえに、自然からかけ離れた食事を長く続けているほど、断食はきつくなってしまうためです。水を飲むだけといっても、例えば5日間だったら水だけで残り3日は自然の塩を少し摂取したりします。本当に水も飲まない断食をすることもありますが、水を飲んだり少量の塩を摂取する方が体が楽です。2週間の水断食をした際には、1日に水を1.5から2Lほどたっぷり飲んで過ごしましたが、体が日に日に軽くなっていきます。体重が落ちるからだけではなく、内側から健康な状態に切り替わるような気がしますし、肉体的だけではなく頭もクリアな状態です。ですが水を飲む量が少ない日は、少しだるさを感じてしまいます。体内の巡りをよくするためにも、デトックス効果をアップするためにも、断食中には十分な水が必要だんだなと感じました。2週間で結果的に8㎏程体重は減り、体は軽くなりましたが気持ちまで軽くなるのが断食です。やるなら水を1日を通してこまめに、たっぷりと飲む方が心身ともに辛さを感じにくいと思います。