市販の水素水のメリットとデメリット

市販の水素水のメリットですが、おおよそお値段が200円ないし300円で購入可能で、水素が抜け落ちないよう工夫を凝らしているのが市販水素水のメリットです。これはアルミ缶を使用したり、アルミパウチを使用して水素を抜け落ちないよう工夫を凝らしたもので、自宅にて水素水を作り上げるものと比較すると格段に水素を維持することが可能です。これは、水素が持つ分子がとても細かいが故にペットボトルのような容器では水素を充てんすることこそ可能ですが、水素は抜け落ちてしまうのです。その為、自宅にて水素ボンベや水素を発生させる発泡剤を使用してペットボトルで水素水を作り上げるのは長期保存できないのです。この点が市販の水素水における利点で長期保存可能でかつおおよそ300円までの価格で購入可能な点が市販水素水のメリットです。一方でデメリットはと言うと含まれる水素の量が不鮮明である点が挙げられます。一時期、水素濃度が低いが故人体の活性酸素の量を減少させることが出来ず、美容にも効果が期待できないという問題が生じました。この活性酸素を阻害させるべき水素の量と言うものを市販の水素水が含んでいるかどうかが未知数であることが問題であるということです。万が一、水素量が少なかった場合、活性酸素の発生を阻害することが出来ず、何の疲労回復効果も無いただの水と変わらない物を購入したことになりますのでデメリットとしては市販の水素水は活性酸素を阻害するだけの水素が含まれているかどうかが不鮮明であるということが挙げられます。また、市販の水素水はどのような工程を得て製造されているかと言う問題もあり、電気分解によって水素が発生した物をアルミに閉じ込めているのか、マグネシウムを水と反応させ化学反応により生じた水素を閉じ込めているのか不鮮明である点が挙げられ、添加物の存在の他化学物質のある無しを考えると製造過程においても不鮮明であると言ってよいです。そもそも、日持ちすること自体が何か添加物を使用している可能性もあり本当にただの水に水素を含んだものであるかが疑わしいと言ってよいです。